【臨床家向け】スネの前が痛い!前脛骨筋症候群、コンパートメント症候群の基礎知識と治療アプローチ方法のご紹介!

【臨床家向け】スネの前が痛い!前脛骨筋症候群、コンパートメント症候群の基礎知識と治療アプローチ方法のご紹介!

本日は前脛骨筋症候群とコンパートメント症候群に対する基礎知識、受傷機転の発生機序、最後に治療について解説します。
コンパートメント症候群とは、骨、骨間膜、筋間中核、筋膜によって隔てられたコンパートメントって言って区画の内圧上昇に伴う循環障害により症状を呈する疾患です。
治療にはこの内圧のコントロールが重要になります。本日はそんな前脛骨症候群とコンパートメント症候群について詳しく解説し、どうアプローチしていけばよいかを解説します。
#前脛骨筋症候群 #コンパートメント症候群 #治療

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *