イベントでドリフト走行の車が事故 見物していた2人重軽傷(2022年9月24日)

イベントでドリフト走行の車が事故 見物していた2人重軽傷(2022年9月24日)

 滋賀県米原市で開かれていたモータースポーツのイベントで、ドリフト走行の車がブロックに衝突し、見物していた2人が重軽傷を負いました。

 24日午前10時すぎ、米原市甲津原のスキー場「グランスノー奥伊吹」で開かれていたモータースポーツのイベントで、テスト走行中の車がカーブを曲がり切れずに、高さ70センチのコンクリートブロックに衝突しました。

 ブロックは倒れ、近くで車を見物していた21歳の男性が右足の甲を骨折するなど重傷、見物していた別の男性(46)も軽傷です。

 警察などによりますと、イベントはスキー場の敷地内の山道を巡るコースで、参加者が車を横滑りさせながら走る「ドリフト走行」を競うものでした。

 事故を受け、午前中でイベントは中止されました。

 警察は、衝突した車の運転手やイベントの主催者から話を聞き、事故のいきさつを調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *